2013年01月10日

指導と体罰、しつけと虐待、強くなることと勝つこと

痛ましい事件。
この事例は、部活動において決して珍しいことではない。
多くは『死なない』からニュースにならなかっただけだ。


私の子供のいた学校での部活動は、
顧問はある時を境にピタリと体罰をやめた。
体罰を加えていたのは男子にのみだったが、
何か思うところがあったのか注意を受けたのか、
蹴りひとつも繰り出さなくなった。

それが当たり前なんだけれども。

部活動で他校と対戦すると
激しい体罰によって統制のとられている学校の存在も知る。
一見、素晴らしい態度の生徒たちに見えるが
スポーツの試合なのに特攻隊にでも入ったのか?と思うほどに深刻な表情で闘う。
スポーツに必死さは必要だが、あの学校の軍隊のような雰囲気は異様に感じた。
顧問は、失敗と言っては叩き
負けたと言っては殴り
それはそれは激昂するのが常だった。
その学校は地区では常勝チームで
毎年のように県内有数の強豪高校に生徒を送り出していたので
部活動の指導には有無を言わさぬものがあった。


私たちの学校は、いつもそこには勝てずにいたが
悔しさの意味が違っていた。
暴力で支配されているチームに勝てない、ことが悔しかったのだ。

うちの顧問は、私の子供が関わる頃には体罰を封印していたし、
していた当時でもあの学校に比べたら軽い体罰ではあった。
そういう体罰のない部活動が当たり前であって
もちろんあの学校以外の学校だって
体罰はなかったと思う。

勝てないことは悔しい。
でもあの学校のように暴力で支配しなければ勝てないというのなら
勝てなくたっていいのではないか?とすら思っていた。

あの学校の顧問は、誰かに体罰の密告を受けたことがあるようだ。
それからは、人目につかぬところへ連れ込んでは殴っていた。
悪質だ。
体罰の認識、まずいことをしているという認識があるのだから。
壁の向こうから頬を張られる音がする。
泣き声ではなく、中性を誓うための返答が響く。
気分の悪くなる場面だ。

何故その学校の父兄は黙っているのだろう。
もっと酷くなるなら私たちも密告しようか?
いろいろと考えては飲み込んだ。
弱いチームが強いチームを陥れるためにしたと思われるかもしれない。
なにより、その学校の生徒たちはそれでもやりたいと食らいついているのに
その部活動をやりたいと思っているのに
奪ってしまうことになる…。
その学校の父兄も、子供を人質にとられたようなものだから
何も言えなかったのだろうか…。


私の子供に、もしあの顧問が転任してきたらどうする?と尋ねてみた。
大好きな部活動ではあるが、
ソッコー辞める
と返ってきた。
私も辞めさせるだろう。


人としての尊厳を傷つけられてまでするスポーツとはなんだ?


態度が悪いとか、人間として良くないことをしたから叱られたと言うならまだ考える余地もあろう。
(体罰よしとするわけではないが)
技術的に未熟だ、失敗したと言っては殴れば勝てるのか。
そうやって勝てるようになもたとして、
それは教育現場で行われる部活動なのか。
甘いことを言っているから勝てないと言われるのなら、
私はそれでいいと思っている。
子供の人格を壊す意味など感じられない。


いつしかうちのチームも強くなり
あの学校に勝つ日が来た。
向こうの顧問は気違いのように怒り狂った。
また子供たちが叩かれ胸が痛んだ。
私たちのチームは暴力支配がなくても強くなった。
思う存分部活動を楽しんだ。
プロにも有名選手にもなれないが、
普通の子供として暮らしている。


暴力で変えられるものは
マイナスに導くことだけではないんだろうか。


顧問の感情の捌け口だよ、体罰なんて。
posted by ぢゅごん at 18:43| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

震災で変わったのよね

雨降りのため子供のお迎え。
学校周りが大混乱する渋滞。
申し訳ないよね…。
震災で交通機関がまだ戻ってなくて
結局車頼みが一番簡単だし早い。
いろんな変化があるんだよね…。
しんど…。
posted by ぢゅごん at 16:37| 宮城 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

高級志向?

image.jpg
安売りで買うのは値段で勝負。
しかしわが家ではティッシュの貰い物が多いので
実はあまり買わない。
しかもこんな高いやつなんて
もらわなければ絶対使わない。
そろそろ無くなるな〜
いよいよ買わなきゃな〜
ってタイミングになると
くじ引きですらティッシュが当たる(--;)
喜んでいいんだよねっ?←必死
posted by ぢゅごん at 11:58| 宮城 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

脳内拒否

昨日。
行かなきゃいけないが、行きたくない用事があった。
どうしてもどうしても、その人を好きになれない。
だから、用件の手間隙が嫌なのではなく
その人と会話したり同じ空間で同じ時間を過ごすことが
憂鬱で仕方がない。


そんな気分でいたら
仕事の出勤時間を間違えた。
我ながら唖然…。
しかも、職場の皆さんそれぞれが
誰かが連絡を受けているのだろうと思い込み
間違ってねーかー?の電話一本くれなかった。
出勤してから間違いに気づき、上司に謝ったら
だからいなかったのか〜!と大爆笑された。

いや、だからさ?
いないと思ったら電話ちょうだい(∋_∈)


でもって今から、憂鬱な人に会わなければならない第2弾。
はぁ( -。-) =3
会話の接点がないし…
それなら黙ってて欲しいし
沈黙とか静寂が嫌だからって
返事に困る話を延々とされても…困る。
あなたの意見とは違う、って反応すると不機嫌になるからめんどくさい。
だったらひとに話を振らないで欲しい。
自己完結でいいじゃんか。

そんな地雷みたいな相手とは
怖くて話は弾まない。
そんなもんで私が必要なこと以外は黙りこくるので
相手はますます間を持たせようと饒舌になる。



ゆ、う、う、つ、だってばよ。
posted by ぢゅごん at 08:59| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

宮沢賢治だ

NEC_0041.jpg
童話村だ
posted by ぢゅごん at 15:49| 宮城 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

2度目の誕生日

家とはなかなか思えないところで迎えた
2度目の誕生日でした〜↑
でもさ、この頃考える
こんな数年間(もしかしたら数十年間かもしれんが)を
いつかは「こんなことがあったやね〜」と
思い出として語れる日が来るんだろうな、って

終わらない、消えない、
それは当たり前だけど
人間ってさ、都合良く記憶を書き換えて行くもんじゃん

今のほうが涙が出ることが多いけど
なんかさ〜あんまり深刻な気持ちじゃないんだよね

アホで良かった(笑)
posted by ぢゅごん at 23:24| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

暑い!

2012063013490000.jpg
楽天だよ〜↑
posted by ぢゅごん at 13:50| 宮城 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

学校

image.jpg
うちから見たいつもの風景
こんなに近くはなかったが…
それは家々で見えなかっただけか
posted by ぢゅごん at 12:24| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の跡地

image.jpg
いつも見学バスツアーがいる
正しく伝えてくれるなら、
どんどん来て欲しい。
posted by ぢゅごん at 12:21| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

人付き合い

舅と嫁だから会話が成り立たないのかと思っていたけど
実の息子や妻とのコミュニケーションを見ていても
何で不愉快にさせる反応しか出来ないんだろうと感じる
悪態をつく幼児のようで
それでいて自分を好きになって欲しいと
誰よりも強く思ってる
自分だけ心地好くいたい

相方は父親だから、病気をしてるからと堪えているが
私ではなおのこと我慢できない
かといって喧嘩するわけにもいかず
黙って出来るだけ衝突のタネを作らないようにするのが精一杯
一緒の空間にいたって和気あいあいな雰囲気になどなるわけがない

近所の人にも、気が向いたときしか愛想よくしない
自分の今の気分にそぐわなければ
付き合うなだの捨てろだの
切り捨てるような言葉ばかり言う
で、ホントに捨てると後で文句言う(笑)

憎いとかそういうのじゃなく
どう接すれば良いのかまったく理解出来ないので
周りがどんどん離れていき
それが不愉快だと言っては相手の悪口をする

相方は放っておけと言いますが
いろんなことに無関係でいられるはずもなく
同意を求められるが返答に困り
反論すれば激昂し
黙ってしまえば苛つかれ
じゃあ私の同意なんか要らないんだから好きなようにしたらいいとしか言えないこのイライラ

ん〜…姑さんは難聴を盾に聞こえないふりしてましたね

ひとと上手に付き合いたいなら
ひとの話も受け入れる気持ちがないとね
実の息子にすら離れられるよ
posted by ぢゅごん at 15:32| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。