2007年08月15日

こんな恋をしよう

あの人と待ち合わせて
なんの疑いもなくその日を待つ
恋人ではないけど
大切な人

約束した日時や相手を
当たり前に待つ
こんな普通のこと

キミのことは
最後まで疑った
約束が叶う瞬間まで
騙される不安しか
信じられずにいた気がする

ハピネスな恋をしたければ
信じられる約束が出来る相手にしないとね
もともと約束も信頼感も
思い込みみたいな幻想


当たり前のことが
まったく成り立たないキミと
人を欺いたりできないあの人を
較べたのは初めてだったけど


もしもまた誰かに恋をするなら
約束を疑わずに待てる人にしよう
posted by ぢゅごん at 22:12| 宮城 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

嘘はついてないな(#^.^#)

二年くらい前彼と約束して「みんなで」一度呑んだ。
もちろんその後も付き合いはあるけど
電話すらしていない、
メル友状態で二年が過ぎた。

少し前彼と同じ会社の男性から
仕事絡みで連絡があった。
その男性とも複数で呑みに行ったりする仲だ。
でもそれすら二年近くないし
子供が生まれたメールが去年あったくらいかな。
で、話のなかで前出の彼と呑みに行ってるの〜?と
当たり前のように尋ねられた。
だから正直に「全然」と答えた。
二年も会ってなくて
しかもその会社を辞めてから会ったのが
その一度限りな人は
全然会わない、ってカテゴリーですよねぇ?
男性にどういうわけか
「〇〇さん忙しいのかな…」とフォローされ
なんであたし彼のことで
気を遣われるのかわからなかった。

その謎が解けたんですわ。仕事で男性が会った人に
彼と呑みに行ったメンバーがいたんですわなぁ。
前にあたしが連れて来て彼と呑んだと話が出たらしい。


じゃぁ彼とあたしは会ってるんじゃん!



ということが
「〇〇さんってあちこちで合コンしてるらしい」
という言い方で流れたらしいのだ。


嘘はついてない!
posted by ぢゅごん at 23:30| 宮城 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明らかになってホッとした

どんな時間が過ぎても
あなたは戦友
こんなに信頼できるあなたと
懐かしく会える幸運
あなたとの距離を
測り間違わず
よかったな、と思った
posted by ぢゅごん at 02:07| 宮城 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

タイミング

元旦にひょっこり届いたメール
意外だった
もう一年以上も会ってないし
時たま送るメールにもなんか素っ気ない反応だし
ある種、大人としての義務感とか礼儀で返事してるだけかなと思っていた
先日、話の種になるかなと資格取得のお知らせをしてみた
珍しく(仕事中だからね)即座に返答があって
一通り「よかったね〜」みたいな感じで終了・・・・。
戦友だよね、なんてノリの友達だとか言って
寂しくなるような反応だから、(そこまで思い詰めもしないが)
あたしの中では時事ネタとかでメールしてもつまらないと感じるのだろうな、
つまり大事件でもなければ連絡し合うこともないのねと思っていた
それはイコール相手からは連絡が来ないということだ

そう思っていた相手からの、時事ネタ・・・おめでとうメールだった
しかも「今年もよろしく」とか書いてある
よろしくされたいと思ってたの? 笑
単純にメール不精とか、友達とのつき合いも疎かになるほど忙しい身だとか、
わかっちゃいるけど
メールとかすると迷惑なのかなぁ?と深読みしちゃうんだよね
半年ぐらい連絡をしないでいると向こうからもメールが来たりする
それはつまり、おめぇとは連絡を取りたくねぇんだよっっ、ということではない
遠くの友達なのだ




ってことにこだわるのには
いろいろ、思うところあって
最近のあたしには連絡を取り合う人がもの凄く限られている
メールをやり取りするのも、用事のある家族ぐらいになっている
なもんでごくたまにメールの着信音がなると「誰だ????」って状態で
正直こういう意外な展開で嬉しかったのだ
あたしって、なんて寂しい人間なんでしょうねぇ・・・
笑ってしまおう

で、何故このカテゴリーが「陸」かと言えば
その相手が海のない地域に住んでいるから、というくだらない理由だからだ
posted by ぢゅごん at 22:20| 宮城 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

待っていた日

時間の経過が残酷だなんて誰が言ったのだろう
あたしはやっとここまで来た

今日、あなたの頁を消去した
あなたの記憶はあたしの中にあればいい
感謝も尊敬も忘れたりはしない

あの時に無理矢理押し込めようとしたって
できっこないことはあたし自身が良く分かっていたから
いつか今日のような日が来るまで
大事に抱えていようと思っていたんだ

お互いの毎日が違うもので満たされていって
あふれかえってしまうことを
寂しいけれど知っているんだ
そんなことじゃなければいいなって
思ったりはしたけど
結末はいつもそうだから
これが特別な結果なんかじゃない

大切な思いは
捨てるわけじゃない
かといってそれだけをバイブルに生きていけるわけもなくて
毎日は新しいことだけを運んでくる

これからもう
関わることはないかもしれない
あるかもしれないけど、偶然以外ではきっとないのよね
寂しいと思いながら
でも、大丈夫だと思った

忘れないよ
ありがとう
今あたしが強くいられるのは
あなたが誉めてくれたから
ありがとう

頑張ろうね
頑張ろうね
頑張ろうね
ナナに話しておいて
いつかキミのお婿さん、紹介するよって
ナナがお婿さんに夢中になったら
あなたは寂しがるのかな(笑
posted by ぢゅごん at 23:01| 宮城 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

ページを繰(く)る

あなたが知らず知らずに教えてくれたもので
それからのあたしが
とても強くやって来れたことが
いつまでも大事なことですね

お互いの間にあったものが
共通の闘いだったね

近いけれど過去の話になって
少しずつ、懐かしい知人になって行く
やっぱり寂しいとは思うよ
毎日会ってなんだかんだ言い合うほうが
楽しかったよ

今は違うものを抱えて
奮闘しているあなたとあたし
いつかまた会う機会があれば
普通に話して普通に飲んで
普通に手を振って帰途につく

たくさんのことを
あたしは学んで
次のページへ進んだのだと思う
あなたと見ていたあの頃の大切さだけを思うのではなくて
これからの起こり得る大切な出来事に
手を広げようと思うから

きっとくじけたりしないと思うけど
ひとりでも頑張れる人だと思うけど
いつかあなたの全部をただ癒してくれる人が出来たら
報告しろよ、なんて思うんだよね
そうしてくれたら嬉しい

訣別とか絶縁とかそんな物騒なことじゃなくても
小さな意味で終わりは迎えたと感じたんだ

おやすみ
またメールするね
近況報告ぐらいはしようね
posted by ぢゅごん at 22:06| 宮城 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

あたしの耳へ届くもの

もうあなたの夢さえ見なくなった
仮想のケンカもしなくなった

なにも聞こえないんだよ
あたしの言葉も届かない

遠い陸地
あなたの毎日を
何も知らない

風に目を細めるだけ
ざわざわと耳に届くこれは
一体なんだろう
posted by ぢゅごん at 21:09| 宮城 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

あたしは六条?

びっくりするじゃん

あんなメッセージをここでだけ発信してたのに
(だって絶対にあなたは見ないところだから)
ずっとなかった連絡を急にくれるなんてね

あまりに思いがけなかったから
専用の着メロにしてたくせに
誰だか分からなかった(笑

頑張ってね


そんであたしの怨念が生き霊となってあなたのところへ
飛んでいったのかと思ったよ
あははははは
posted by ぢゅごん at 08:57| 宮城 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

戦友へ

元気ですか
頑張っているんだろうな

会いたいです
でもきっともう
会うことはないんだろうね

あなたといるときのあたしは
頑張り屋でとても真っ直ぐでした
だけどあなたの知らないあたしは
驚くほどにひとでなし
あなたの目を真っ直ぐに見ることも
出来そうにない

一応普通に暮らしてます
寂しいです
そういうのは自分で処分するしかない
もう着なくなった洋服みたいなものです
いつまで持っていても
捨てるには惜しくても
思い出すたびに、もう着ないことを切なく思うだけなんです
あなたに捨ててもらうものではないのだから

またきっと
あたしは誰かと笑って歩いて行くでしょう
日々の楽しみ方を知らないわけではないんです
それなのにああやって
毎日悩んだこととか
腹が立ってどうしようもなかったこととか
そういうことがいとしいと思ってしまう

大切な友人でいてくれて
あたしはとても嬉しくて
でももう何を話したらいいのかわからないほど
遠いような気がして

寂しいんです、ただ

会いたいと言えばいいのでしょうね
でもだめです
今のあたしは違う意味で
寂しさを埋めて欲しいと思っているから

たくさん捨てたいものがあるのはあなたには関係のないことで
あたしはあたしを自分で支えていなければ
そんな大事なものさえも壊してしまいそうなくらいです


元気でいてください
そしていつか
風の便りで、いい話が聞こえてくるのを待っています
少し妬いてもそのぐらいいいよね
posted by ぢゅごん at 20:29| 宮城 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

弱音

こんなときは
全国一斉に携帯不通に
ならんかな…


なけりゃなくても
暮らすのに


はぁ…
posted by ぢゅごん at 13:46| 宮城 🌁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。