2012年04月30日

さくら

2012043021110000.jpg
冬が寒すぎて、開花と葉っぱが同時になった今年のソメイヨシノ。
曇りでちょいと残念。


この桜の樹がある数メートル先で、
相方は家々が流されていくのを見ていた。

そういうことが、本当の意味で過去になるのはいつだろう。
posted by ぢゅごん at 21:16| 宮城 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

何か納得いかないし

ここは私の場所なので。
やっぱり自分の意見は書く。
批判やらなんやらはどうぞ。
知らんがな。
話そのものがありもしないことだし。



まず、私が彼をブロックした理由は、
その時に伝えなかったのは、伝えることが彼を批難したり批判したりという風に
受け取られるのは嫌だったからだ。
彼とのやり取りのなかでの、登場人物の女性はあんまり関係ない。
彼がその彼女のことに対しての意見、まぁ批判的否定的な意見になっていたんだけど
それに対して激高した。
その時に私が思ったのは、彼は自分の意見に同意してほしいだけなんだなぁ、ということだ。
それまでのやり取りの中で、結構長いことやりとりはあったわけだから
お互いに意見の交換みたいなことはあったんだけど
私は私の意見や考えに反論されても、まぁそう思う人もいるだろうと
不本意なことであっても受け流してきた。
彼も、私の意見にムカついたとしても、そうやって半分は受け流して
適度に交流してきたんだと思っていた。
私は、私とは違う考えをもつ彼のことを嫌いだと思ったことは一度もないし
私の考えに同意しかねると言われることも、それを理由にだから彼とは離れるという考えに
なったことはない。
なんでその時だけ離れたかというのは、彼の考えに賛同しないと
こうやって感情的になるようだし
これからも彼は私の「彼とは違う意見」など聞きたくないのだろうと思ったからだ。
彼を追い詰めたり批判したりしたいと思ってもいないのに
感情を乱すだけでは、私も彼のご機嫌を伺いながら意見を言うようになって
交流する意味はなんだろう?と思ったからだ。

それをその時に伝えても、彼に真意が伝わったかどうか私にはわからない。

その後、彼の書くものを読んでいたのは事実だ。
それを本人も知っていたのだろうし、別に彼を嫌いになったとか
批判めいた気持ちで読んでいるのでもないし
やましい気持ちは全くないから堂々と?ロムしていたね。

彼が以前、ネットの関係でいろいろ嫌な思いをしてきたことは知っていたし
そもそもネットでの嫌がらせをしようとか考えたこともないしね。

それがいつからか、彼は私が彼の書くものにいちいち陰で反論していると感じていたらしい。

私は私の意見をなんだかんだ言うしそれはこれからもだ。
家庭での会話や地元の新聞や会社での会話やいろんなネタを書くだろう。
それが彼には、自分の書いたことに対しての陰湿な反論に感じられていたらしい。
それは彼の問題だから、私には「違う」としか言えない。
瓦礫や被災や家庭の問題は、彼と意見が違うらしいね。
だからなに?
タイミングがたまたま合っていたこともあるのかもしれないけど
私が気づくずいぶん前から、自分に対して言っているのか?と感じていたようだね。
それはまったくの誤解だから。
それゆえ、そんな風に思われていたことにきづくのが遅くなったけど。

私はこうしてパソコンを開くこともあまりなくなったから
ツィッターで思いつきで前後の話もなく唐突になんやかやつぶやいたけど
彼の言葉を元に反論どころかつぶやいたことはないよ。
あ、もしかして自分のことなんかね?と思ったときに
確認するためにつぶやいた短文二つだけは、意図的につぶやいた。
それ以外は知ったこっちゃねぇ。

と、書くことを彼がどう汲み取るのかは彼の問題。
でも私は私の名誉のために言う。
あなたを苦しめた過去の人たちがどんなことをしたのか全部を知ってはいないけど
私はその人たちではないから、同じことはしない。
あなたに文句があるなら、あなたに言う。
その手段ぐらいあるじゃない。

あなたの邪推に気づくのがおそくなった自分をアホだとは思うけど
私は私を侮辱されるのは許せない。

意見が違うのは、あなたへの反論ではない。
posted by ぢゅごん at 21:57| 宮城 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。