2010年11月27日

理由はある

わけもなく辛い・・・・・のじゃない

ちゃんと理由はある。

それがまっとうなものじゃない自覚があるから
どうにもこうにも出来ないのだ。

ひとりで処分するしかない感情。

ただ、辛い。
posted by ぢゅごん at 22:04| 宮城 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

願い

どんなに辛い気持ちで生きてきても
どんなに粗末な扱いをされてきても


自分勝手に生きること、
ましてや他人を殺めることなど
許されるはずもなく


最大の『結果』は
自分で自分自身を殺すのと同じ


満たされたくてもがくなら
愛する人が
1番喜ぶことを
いつもいつも願うことだよ
それがあなたをいつか
満たすことになるのに
posted by ぢゅごん at 12:53| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

予測

あの〜…
だいたい仕事始めの火曜日で
一週間の忙しさが測れるものなんだけど
今日で二時間以上残業ってことなんで
このまま年内は
死ぬ程忙しい、ってことのようだ

ホントに死ぬかもね…
体中痣だらけっすよ
いま病院へ行ったら
DV疑惑だよ(笑)
いま本気で鎖骨のちょっと下の痣が
ズキズキ痛んでやな感じですわよ
posted by ぢゅごん at 23:09| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

仲良し、なんだけどもね…

いろいろお世話になってるし
辛い時には支えてもくれたし
信頼はしている友人


最近、アラと言っては失礼かもしれないが
発言の無神経さに
アレ?と思うことがしばしば

私に対しての批難とかではないのだが
ちょっと会話のセンスが違うんだなぁと感じてきた


ある団体で行動していたとき
中の一人が仙台出身で
会話の中によく仙台生活の話が出ていた
それって誰にでも出身地があり、
そこの話題に詳しかったり
育った頃のエピソードとか
特別気に留めるような内容だと思ってなかったのだけど
あるとき友人は
『仙台で暮らしてたことを自慢してるけど
仙台仙台言ったって
あの人の地元はお情けで入れてもらったような
仙台の端っこじゃない』
と不愉快そうに言った
友人も何年か仙台暮らしをしていたので
どうもしゃくに障るらしかった


私にはようわからん


自慢…してたか?
あの人が仙台出身ってことは
変わらない事実だし
別に羨ましいなんて思わないし
今いる地域が仙台より不便な田舎なのも事実だし
かといって仙台がナニヨリモ素晴らしい!とも思ってないから
自慢話だったと気付けないだけ?

そんなに仙台がいいなら
引っ越せば済むことだ


こないだは…
私の赤い小銭入れを見て
(わりと気に入って最近買ったもの)
『買ったんだ〜。でも赤い財布ってナントカカントカって(←失念)って言って
お金なくすんだよね〜』
そういう話は多少の違いはあっても知っています

が。

大きなお世話、です

買い物中に言われるならまだしも
買った後に、
例えば真実であっても
言ってどうなるの?



この前一緒に出かけた時は
つねに目に留まる人間の
あら捜しをされて閉口した

私に関係あることなら
文句も批判もするが
電車で一緒になっただけの人間が
若作りだろうが
キモかろうが
ファッションセンスがなかろうが
本気でどうでもいいし

一緒にいる間中
ずっと愚痴か文句か批判だったので
なんか最後のほうは
『私、ホントに自分以外のことに興味ないから
よくわかんないし…どうでもいいかも…』
って答えていた気がする


いろいろと一生懸命に取り組む人だし
悪気がないのも知ってるけど
これぞまさに女子トークで
おいら…たまらん
posted by ぢゅごん at 13:39| 宮城 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

妻は異常です

先日仲良くなった人と飲んだ時の告白。
悪妻だとか鬼嫁だとかそんなレベルの話ではない。

妻は子供を精神的に虐待するんです、と。

自分ではどうすることも出来なかった生い立ち。
そうするしかなかったギリギリの選択をした親・・・。
そんな理屈がわからない歳でもないあたしたち。

けれどさまよった子供時代の傷を未だ抱え
苦しんで苦しんで今も自分を殺し続けるその人の妻。

あたしにはわからないでもない。
虐待を認めることはないけれど、
いい子じゃなくても私を愛してくれる?って問いを
死ぬまで持っているんだよ・・・愛されないで育った子供は。

一生懸命いい子でいても、たとえば今の友情を愛情を・・・失ったら?
耐えられないんだ。

どこかで悪いことをする。
だから「自分は愛情を失っても仕方のないことをしてしまったのだ」と理由づける。

反面。
いい子じゃなくても愛して愛して愛して愛して愛して・・・・・
私の全部を存在自体を愛して愛して愛して愛して愛して・・・・欲しいのだ。

これでもかこれでもかと、愛して欲しい対象を試す癖。
それが愛を失わせているというのに。

あたしは異常だ。
いつか親を殺すんじゃないかと思っていた。
だから逃げた。
家から逃げた。


あたしは死ぬまで異常なんだ。
posted by ぢゅごん at 21:50| 宮城 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒り

不幸な生い立ちだから、ひとを殺してもいいなら
世界中で殺人は合法化されるよな

加害者の人権なんて保護しなくていい
死んだ人間の人格を、人権を、返せ
posted by ぢゅごん at 20:53| 宮城 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

乞う

愛を乞う人

という本が以前話題になったね
たしか映画にもなったかな・・・

つくづく思う

私は愛乞食だ
くれくれオバケだ
posted by ぢゅごん at 22:04| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

引っ掻く

わたしの痂を
引っ掻いたのは偶然


血が滲む、僅かなざわめきのようでもある痛み


そこからは
流れ出たり
寄せて入り込んだり


わたしの扉は開いてしまった



開いてしまった
posted by ぢゅごん at 22:09| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

いま

仕事がうまく回りだした
人間関係がうまく回りだした

少しずつ、わたしが取り戻されている感じ

わたしはわたしでしかない
上も下もない
頑張ったって違う人になれるわけではない

わたしはわたし

嫌いじゃないよって言ってくれる人の力
信頼してくれる人の力

ありがとう
posted by ぢゅごん at 14:08| 宮城 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

音楽のように風は

いつそれの日曜日
あなたがどこで何をしているのかを
知ってしまうと
そこに行けば会えるのかな・・・なんて思うけど
会ったところでかける言葉もない私

遠くから姿を確認して
安心するのか・・・?
また胸が痛むのか・・・

少しだけそういう昔を運んでくる風

私の今は
あなたのいないことばかりで幸せで楽しい
posted by ぢゅごん at 23:20| 宮城 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。