2010年03月27日

これなんだ〜(笑)

100327_124535.jpg
昼ご飯っす

ちなみに四人分ですから
posted by ぢゅごん at 12:47| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巡り会わせ、運、星回り

指導者がいなくなった。
うちのチームには現在、
練習場所すらない。
指導者の人脈のみで練習相手と場所を
やっとこ確保していた。
もうそれもない。
長いスパンのことなら
他チームとの合併も有り得るが
今となってはあまりに時間がない。


ないないないないないない…。
なんにもない。
子供たちは必死にやってきたというのに
これがその結果かと思うと悔しい。
やっとまとまって
勝つことを楽しめる仲間になってきたのに。
一緒にいるときに
皆が笑顔でいるようになったのに。

出来ることを探そう……。
だけど、あまりに少ない。
私たちは行きたい場所が明確にあったけど
橋も乗り物も道も光も音も
一瞬にして失ったかのようだ。
posted by ぢゅごん at 00:17| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

わたしの回復

100321_214622.jpg
二日間、つねに誰かと一緒に過ごして

ただ疲れ果て…


誰のせいでもなく
わたしの弱さ


ふらっと買い物に出て
無関心な人達のなかで
回復していく


ちらつく雪は
散ったあれやこれ…


また帰る、刺草の場所
明日も明後日も
わたしの回廊


わたしの回復
わたしの弱さ
わたしの散り散り…
posted by ぢゅごん at 21:52| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

人間不信

「なにか」を
人任せに出来ない。
任せることで足元をすくわれるような気がしてならない。
出来るわけもないのに完璧なことを
自分ひとりでやろうとする。
それでいっぱいいっぱいになっていることを
大嫌いな人にまで見透かされている。

しょうもない。

わかっているけど、
いろんな連絡事項に返答もない人を相手に
任せることはできない・・・・。
だから自分でやるしかないって思ってる。
何にもしないっていわれたり
やりすぎだって言われたり。
ちょうどよいはないのだ。
posted by ぢゅごん at 22:55| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の晩餐…にならないように

100314_193057.jpg
もろもろのお祝いで
リッチな食事会


所持金数えながらの
みみっちい食事会とも言う(笑)
posted by ぢゅごん at 20:20| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

どつぼ

ま。これ得意技。
ひとと距離を取るのがとっても極端だったり。
頼ると「いいよ」の裏に『ホントは嫌だけど言えないから』
というのが隠されているのじゃないかとか、
頼られると『都合よくつかわれてるんだろうな』という感覚とか、
以前そういうことは確かにあったけど
今がそうではないかもしれないのに
どうやって信じたらいいのかはわからない。

たぶんこういう感覚は今後もいつでも誰にでも
あたしにつきまとうんだろうなって思ってる。
だから人間関係に躓くんだってことも。
ひとを頼りにしないのも極端になると
横柄な態度に映るらしいよ。
頑なな態度はひとを寄せ付けないって。

ひとを信じたり頼りにするのは
怖いもの・・・。
出来ない、たぶん。
posted by ぢゅごん at 20:40| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

本当はもっともっともっと
仕事がしたい
もっともっともっと・・・・

書きたいことがある
やりたいことがある
邪魔のものがある・・・・
それを捨てるわけにはいかない
ということに折り合いをつけられない

本当の気持ちが飛び出して来そうになる
あたしはわがままなロクデナシなんだ・・・・
posted by ぢゅごん at 23:12| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな感じ

100310_072632.jpg
やばし
posted by ぢゅごん at 07:27| 宮城 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緩慢な死

心を揺さぶることが起きた時
食べることへの執着を止めてしまうというのは
無意識の中の行為であってもどこか
死んでしまいたいという願望であるのか

痛みはなく凄惨さもなく
緩慢と朽ちることを望むのか

食べることとは生きようとする肉体の欲求
それを拒絶するのは死のうとする心の要求

緩慢な死

いつかのわたしはそうだった
posted by ぢゅごん at 01:45| 宮城 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

季節のせいもあるけれど

ここだからこそ書けないことがいくつかあって
それに心が重い毎日が続いている。
今の季節は情緒不安定なのが毎年だが
いまのあたしは毎日泣いていると言っても大げさではない。
こんな悲しいことが身近にあるのか、とか
こんなことになるために頑張ったんじゃ・・・とか
いくつかの種類の湧きあがる感情。

いつか落ち着くだろうから。
過去は過去。
過ぎ去った思いも時間も戻りはしない。
新たに始めよう。
そう思うことにした。
その「今日」を忘れないために、購入したもの、とか。

悲しいことを引き受けすぎるな、あたし!
posted by ぢゅごん at 22:02| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。