2010年01月25日

ベルト

最近、ベルトを買った。
今までのやつがバックルのところで長さ調節の出来ないタイプで
穴の数が足りなくなって・・・・
ウエストを絞りあげた状態で使用するのが
とっても格好悪くなったので買いました。
大したことないものです。
アウトレットに行ったついでです。
今度は穴が足りなくならないように
全部が穴のベルトです。あはは。


最近気づいたこと。
一昔前と比べると、ジーンズやらのパンツって
はき込みが浅いものが普通になってるじゃない?
深めって表記があっても以前のと比べたら
半分腹が出てるじゃん?みたいな・・・・。
さすがに半ケツになるようなローライズをはく勇気はないが
仕事のパンツもなんか浅い・・・・。
そんでベルトをするようになってから
(痩せる前はベルトってあんまりしなかった)
なんか痛い。
痩せれば痩せるほど痛い。
太っていて腹に食い込むのとは違う痛みだ・・・・。

あら?
腰骨に当たってるんですね? 笑
ベルトの位置がちょうど腰骨のあたりになって
ぐりぐりと痛いんですわねぇ〜。
はじめて知ったよ。
今までは腹が受け止めてくれていたのね(笑)

背骨のぽこぽこも、触ると鋭角的な手触りだし
体型っつぅか線はすっかり変わりましたね。
まぁそれでも、今までが10%増量セール中だったので
「普通」になっただけとも言うんですがね。
同じくらいの身長の次女や三女とは
数`違いますしねぇ。
三女からはものすご〜く嫌そうな顔で
「同じ体重になるとかやめてね!」と言われました。
きっとみんな『お母さんよりまし』という安全圏を持っていたのだろうが
(長女はもともとあたしより重い)
脅かされるのは不快なのだろう(笑)



でも、体重の減りはどうやら小康状態。
いくらか食べられるようにもなった来たし
あるところ以上には減らなくなりました。
こんぐらいで維持できるなら「普通」でよろしいのではないかと。
posted by ぢゅごん at 09:54| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あたしの裏情報網

職場でのこと。

ある携帯ゲームサイトを楽しんでいる♀がいて、
それを通じて一緒にゲームをやろうと職場の仲間を誘ったまでは
別に仲良し同士でどうぞお楽しみくださいだったのだが。

仲間割れが起き、仕事中にゲームをやっていたことがチクられ
上司のほうからかなりキツイお叱りを受けた♀。
まぁ当然と言えば当然である。
(チクるほうだってやってたじゃねぇか、とあたしは思うが)

まぁその「携帯をしょっちゅういじくっていた理由」に
家庭不和を持ち出し・・・・・
それでかわそうと思ったのか本当にそうなのか?

上司は詰めが甘い性分なんで
強く出られたり涙を見せられると怯む。
おいおい・・・・・だけど。
とりあえずこの問題はなんとか押し切ったようだけど・・・・。

今度はその♀に反撃に出られることを恐れビクビクしているらしい。


おいおい(・_・;)



そんな上司が先日、あたしの激痩せぶりに気づいてしまった。
というかその上司があたしの変化に気づいているよな?ということに
もっと前から気づいていたんだけど、
仕事がどうのって話じゃないから突っ込まれるのが面倒で
視線に気づかぬふりをしていたんだけど
とうとう声を掛けられてしまった。
えぇまぁ〜・・・・・って流そうとしたんだが
やれどうしたんだ?とか、悩み?とか
仕事でなんかあったのか?だの
突っ込む突っ込む・・・・・。

仕事か私生活かと言われれば私生活のほうですけど・・・・
と答えれば

「家庭が上手くいってないの?」

ときたもんだ。
・・・・・・・・・というかさぁ?
仕事上のことなら上司に相談もしますし、解決の糸口は職場にありましょうが
例えば家庭不和だったとして?
アナタ相談されたらどうします???
上司として悩み相談に乗る範囲ではないと思いますけど・・・・。
前述の♀の「家庭不和により不穏な行動をしました」って話と
リンクして考えるのはやめてくれ。

こういった、裏情報は
持ち場的にあたしの耳に入ることは多い。
そんでもって一人担当なんで、他に漏れることがない・・・と
思われているっぽくて(実際そうだけど)
結構持ち込んでくることが多い。
上司は『家庭不和』というキーワードをあたしが耳にしているとは知らず
自分の胸にある言葉を引っ張り出して心配してくれたんだろうが
なんかなぁ〜・・・・・

単純に心配してくれてありがたいことなんだけど
ひねくれ者のあたしは、
じゃぁ力になるよっていう覚悟もないくせに
「心配ない大丈夫って言うけど、自分にとって深刻だから
 そんな風になってるんでしょう?」
とか言われることに抵抗があった。
そうなんです、あたしもう駄目・・・・・ヨヨヨ
ってもたれかかったら支えてくれます?
そうじゃないなら、中途半端に傷をなでまわすだけみたいなことは
やめて欲しいんだよねぇ。

と、感じるのは
あたしは上司を信頼してないからなんだ。
口先だけのくせして!って・・・・。


それはちょっと毒な話でした。






いろんなことを知ってしまうってのは
しんどい気持ちになることも多いから
別に知りたくないんだけど
言われると真剣に聞いてしまう。
だからって、解決に乗り出すなんて〜ことは
滅多にないのだが
他の人の考えを聞いていると
他人のことにあなたが悩んであげる必要はない、
自分の心や体のほうが大事なんだから
自分が損をしないように知らんぷりしてればいい・・・・
などと考える人が多いのだなぁと知った。
いや別に・・・・悩んであげてるわけじゃねぇんですがねぇ〜。




posted by ぢゅごん at 09:40| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

どだ

100123_175719.jpg
切ったところ〜〜


見た目立派なキッシュでござろう

味もgoo(^O^)g
posted by ぢゅごん at 20:51| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑のソフトクリーム?

100123_161220.jpg
カリッコリーと言うらしい
どないな味なのか?



後方は長芋(#^.^#)
posted by ぢゅごん at 16:14| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初キッシュ

100123_145043.jpg
初めて〜のチュウ☆
君とチュウ〜☆



とはまったく関係ないが、一応できた


実はバターの分量間違えてた(笑)

次回に期待(^^)v
posted by ぢゅごん at 14:53| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

足先

深みに嵌まる前に気づけて
よかったんだろうな…


1番嫌いな種類の人間たちのすることには
やっぱりついていけない


急速にべったりする付き合いかたは
やはり急速に疎遠になる決まりだし
得のある人の前だけで
いい人ぶる人間に
騙されその気になって
真実を見ようともしないひとを
どうやって信頼したらいい?


噂話や他人の言葉しか聞かずに
私を見る人に
なにを理解して欲しいっていうのさ…
posted by ぢゅごん at 23:18| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

不健康まっしぐら

元来、ニキビ吹き出物系は
たまぁにできるくらいで
気にしたこともないのだが
ここんところの不養生がたたり
顔の皮が大変痛ましい状態です
みなさん、急激なダイエットはやめましょう…
ワタシはそんなつもりじゃないですが
肌荒れは深刻っすよ
posted by ぢゅごん at 23:54| 宮城 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

自分に被害者意識があるから・・・・
〜〜〜された、とか
そういう風に感じるんだろう。

それがあたしの
いつもの躓き。

相手が悪いのじゃない。
自分の問題。

素直が一番って言ってた人が
素直な人に惹かれるのは
当たり前。
どんな人間性だって
あたしがどうこう言うことじゃない・・・
あたしの人間性だって論外だ。

そのひねくれ具合は俺にしか相手できないって
笑っていたときからたったこれだけの時間で
全部のことがひっくり返ったようだ・・・。
人目をはばからずあんなことが出来る人を
嫌悪する気持ちはあるけど
たぶんどこかで羨んでいるんだ。
あたしには出来ない・・・・。
つまらない意地で、「しない」を選んだんだ。

ひとに傷ついて、ようやく立ち上がって笑顔を見せるようになったあの子に
手を差し伸べて「立て、顔を上げろ」と言い続けてきたあたしが
裏切るような真似が出来るか?
自分の気持ちだけを優先するなら
違う景色もあった。
いい人ぶるつもりなんかない・・・・
あたしはあの子にもう二度と
ひとを恨む目をさせたくないんだ。
周りの人間を拒むあの眼を忘れられないんだ。

   

これでいいんだ、と
あとは自分が納得するまで少し時間がかかるだけ。
たださ・・・・納得してこの縁が切れてしまったら
あの子との繋がりもなくなってしまうってことが
悲しい。
寂しい。
いつだって味方だから。
なにがあってもどんなことがあっても味方だから。
あたしは変わらないよ。

同じことをあの人はあたしに言ってくれた・・・・。
あの頃は。
一番つないで欲しかった時に手を振り払われた感覚が
なによりもショックだった。
話をしたかった。
話すことはないと言われた。
なんにもない、と。

冗談が軽口がいつもの口調が
全部厭味や皮肉に聞こえるようになるなんて、
こんな悲しいことはない。

本音の付き合いと思っている。
その言葉が嘘だったのか、と
勘ぐることが胸が痛い。

伝わらない。伝わらない。もう伝えようとすることすら
やめてしまったね・・・・お互い。
今あるのは礼儀。

敬語でやり取りするメールなんて、
二度と要らない!
posted by ぢゅごん at 10:49| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

恐怖心のない状態

ヤバイ坂をずるずると滑り落ちてるかもしれない
漠然と階下を見下ろして
そういう方法もあるなぁって
ほんの一瞬だけ考えた
すぐに、ここで騒ぎを起こすわけにはいかないって
理性は働いたけどね


ただ
その理性が効かなくなったとき
どうなるんだろうって
不安になった


べつにそうしたいほど
事件があったわけじゃないのに
posted by ぢゅごん at 21:30| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早起き(^^)v

100117_051914.jpg
今日もがんばれ!
posted by ぢゅごん at 05:20| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。